お風呂場の蛇口交換方法について

お風呂場の蛇口は毎日使う物であるため、経年劣化により摩耗してしまうことがよくあります。単に捻ると水が出る仕組みのものから、上下に動かすことで水を出せるタイプのものまでさまざまありますが、水漏れが発生するなど、トラブル時には出来るだけ早く修理業者に電話相談などを行うことをおすすめします。

電話をすると、トラブル内容について詳しく尋ねられますので、相談内容に合わせて修理の内容、日取りなどについて案内を受けることになります。ひとり暮らしの方であれば、直近の休日などを指定されるとよいでしょう。

当日は、修理業者の担当者が自宅に来て、風呂場の水道の様子を見ることになります。そして、壊れてしまった原因を究明します。

配管が少し緩んでいるだけということであれば、締めるだけで修理は完了しますが、蛇口が錆びていたり摩耗していたりといった様子が確認された場合には、蛇口の交換作業を行うことになるでしょう。この場合には少し時間が必要となります。

一般的な蛇口交換であれば、1時間くらいかけて作業をすることになります。古い蛇口をいったん外してから、新しい蛇口を装着するという方法で交換するのが一般的なやり方です。

作業中は、細かい作業内容が気にならないのであれば、お風呂場の前で見ているよりはリビングルームなどで待機されると良いでしょう。その方が、修理の担当者も集中して蛇口の交換作業を進めることができるようになります。

蛇口の交換が無事に完了したら、使い方などに関して簡単な説明をしてくれますので、作業内容の確認や不安な点などについてしっかり話を聞いてから、問題なければ料金の支払いを行います。