エアコンの水漏れ 原因と修理について

エアコンから水がポタポタと落ちてくるときは、まずエアコン本体が傾いていないか確認をします。エアコン内部から水を排出するためにはある程度の角度が必要となるため、本来の角度と違うと排出されるべき水が本体から漏れてくることがあります。

エアコン本体が壁とピッタリくっついているか確認して、もし前屈みになっているようなら、固定し直すことで解決できます。また水漏れの最も多い原因として、エアコン内部に付いているドレンパンの汚れや、ドレンホースの詰まりが考えられます。

ドレンパンはアルミフィンから落ちる水を受け止め、接続されたドレンホースを伝って屋外に排出する仕組みとなっていて、長年使用していると、ホコリやカビなどが固まって接続部分が詰まり水漏れを起こすことがあります。

また接続部分だけでなく、その先のドレンホースも同じように詰まることがあります。ドレンホースは屋外にあるため、排出された水以外にも砂埃や虫といったものが原因で詰まることも多いです。この場合はドレンホースの口から掃除機などで吸い込んでやると、詰まったものが出てくることがあります。

ただし水も出てくるので、ゴミと一緒に水を吸い込まないように注意が必要です。掃除機だと不安という方は、ドレンホースクリーナーというものがあるので、それを使うことで異物を取り除くことが可能です。

また市販されているスプレー式のエアコンクリーナーは、ホコリや細菌を吸着させて汚れを取りますが、ドレンパンやホースに残りやすく、詰まりの原因となるので使用は控えたほうがいいでしょう。エアコンは放っておくと水漏れ以外にも悪臭の原因になるので、定期的に掃除することが大切です。