シャワーの水漏れ 原因と対処法

シャワーからの水漏れでポタポタと流れて止まらない時は、水が漏れている位置を確認して、それぞれに適した対処法で処理することで解決する場合があります。

シャワーヘッドから水が出続けて止まらないという場合は、シャワーヘッド内の残留水による滴下か、バルブの故障が原因で起こります。
シャワーヘッド内部に溜まった水を出してそれでも止まらない場合は、バルブもしくは切替弁ユニット、古いタイプであればパッキンの不良が考えられます。

パッキンはホームセンターで購入できますが、切替弁ユニットやバルブは専用部品となるので、水栓金具本体にある品番からメーカーに連絡して、適合するバルブを購入します。

交換自体は簡単ですが、必ず止水弁などで水を止めてから行うようにします。シャワーエルボ部分から水が漏れている場合は、ナットの緩みかパッキンの不良となります。ナットを締め直しても漏れる場合は、取り外してからパッキンを新しいものと交換します。

またホースとシャワーヘッドの間から漏れる場合も、パッキンの不良が原因なので、シャワーヘッドの首を押さえながら反時計回りに回して外し、中にあるパッキンを交換します。水道バルブ本体の切替弁から水がにじみ出るように漏れているときは、表のカバーを外して、中にあるナットを締め直すことで水漏れが止まることがあります。

これらの方法は誰でも簡単にできる対処法ですが、水漏れの原因はこれ以外にも様々なものがあるので、原因が分からない、自分で修理してみたけれど水漏れが止まらないといった場合は、専門の業者に修理を依頼されることをおすすめします。