トイレの水漏れトラブルあれこれ

トイレ水漏れでは、フラッシュ用に貯水されたトイレタンクからの水漏れが多いです。主な症状としては、レバーが元に戻らずにフラッシュの水が出っぱなし、しばらくたってもタンクの中からチョロチョロと水音がする、タンクのどこかから水が滴り落ちている、タンクの水が溜まらないなどがあります。いったん漏れ始めると流れ続けてしまい、外に漏れると階下まで水浸しになることもあります。

トイレの水漏れでも毎日続くと水道料金がどんどん跳ね上がってくるため、応急処置として止水栓をしめるなどを行います。パッキンや部品を取り替えることで自分で修理できる場合もありますが、部品以外にも専用の工具などが必要になることもあるため、早めに専門業者に依頼することです。

また、ウォシュレットからの水漏れは無理な自己修理ではさらに大きなトラブルを引き起こすことがあります。ウォシュレットは、細かなパーツで構成された電化製品です。最近の温水洗浄便座であれば精密機械並みの機能を持っているため、機械の故障が原因の場合があります。

単純な水漏れであれば自己修理できることもありますが、機械の故障の場合は、素人が修理しようとすることでよけいに壊してしまい、ウォシュレット自体や便器自体を取り替えることになる場合があります。

修理には危険を伴うこともあり、コードに水がかかってしまうことで火災になる危険性もあるため、ウォシュレットの場合は、速やかに専門業者に依頼する方が安心でしょう。