トイレタンクからの水漏 原因と解決法

トイレタンクからの水漏れには、大きく分けて2つの原因が考えられます。

一つはトイレタンクの外側からの水漏れで、給水管からタンクをつなぐ連結部分で水がにじみ出ているという場合で、気づいたらトイレの床が水浸しになっていることも多くあります。

もう一つはトイレタンク内部で水漏れが起こっている場合で、ちょろちょろと水が出続けているため、音に気づかずにいると水道代がいつもより高額になっていて水漏れに気付くというようなケースです。

もしも水が漏れているのが分かったら、慌てずにまず漏れている原因の箇所を特定することが大切です。原因が特定できたら止水栓などで水を止めてから、水漏れを解決するための作業を行います。

トイレタンクとパイプを繋ぐ連結部分なら、まずナットが緩んでいないかチェックして、緩んでいれば締め直します。
またナットを外してパッキンが劣化損傷していないかも確認します。パッキンの劣化であれば、ホームセンターなどで売っている汎用パッキンで交換すれば解決できることもあります。

トイレタンク内部が原因の場合は、通常は溜まった水に浮いているはずの浮き球が、沈んだままになっていないか見てみます。タンクの壁に引っかかって動かなくなっている事もあるので、浮き球を少し触るだけで元に戻ることもあります。

また便器に水がちょろちょろと流れている時は、タンク内の水を止めるはずのゴムフロートが浮いたままか、劣化している可能性もあります。手で少し触ってみて、水が止まるかどうか確認して見ましょう。

これらもパーツの交換で直ることもありますが、あれこれ触って余計に症状を悪化させたりパーツをムダに損傷させる危険もあるため、自分で修理するのが難しいと感じたら、専門の業者にお願いするのがいいでしょう。