蛇口のパッキン交換の方法とポイント

蛇口のパッキンの交換方法の紹介をします。

手順としては、まず始めメーターボックスの中にある元止水栓をしっかり締めます。この時点で固過ぎて無理でしたら最寄の水道局に相談しましょう。ほとんどが無償で修理してくれます。

完全に水が止まっていることを確認したら、水栓上部を外します。ハンドル部分が普通のものなら簡単に外すことができますが、上部にキャップ部分がある場合はマイナスドライバーなどを挟み込んで外して下さい。キャップが外れたらねじにプラスドライバーを差込緩めます。このとき、ハンドル自体を全開にしておくと作業がしやすくなります。

ねじが完全に緩まったら、蛇口のハンドル部を軽く揺さぶるように外します。イメージとしては真上に外していく感じです。無理な力を入れなくて大丈夫です。

次は、モンキーレンチなどでグランド部分を外す為緩めます。このときも自然な力加減でやりましょう。そして、水栓のグランド部分とピンドル部分を取り外します。

このとき、最初にきちんと水を止めていないと、水が噴出しますので注意が必要です。パッキンを交換するため、ピンセットや小さめのペンチを使ケレップと呼ばれるこまの形をしたパッキン部分をつまみだします。
それがない場合、上記のスピンドル部の下にくっついてる場合がありますので、それを外しましょう。

最後に、新らしいパッキンと交換します。収まりよく入れましょう。戻すときは逆の手順の水栓を元に戻します。

この後、最初に閉めたバルブを開けます。同時に作業できれば、修理に不備があってもバルブを開ける人、水栓の蛇口のところを見ている人がいれば対応しやすくなりますので、できれば2人以上で作業しましょう。