水道の水漏れ パッキン交換豆知識

水道の水漏れはほとんどがパッキンの劣化によるもので、交換するだけで解決することが多いです。またパッキン交換はそれほど難しい作業ではありませんので、もしもパッキンの劣化による水漏れが起こったときは、自分で修理するのも良いでしょう。

交換をする際には、水道の元栓を閉めるのを忘れないようにして、工具や新しいパッキンを用意します。工具はスパナ、ドライバー、モンキーレンチなどを用意し、新しいパッキンはホームセンターなどで販売されている汎用パッキンを購入します。

大きさや厚み、形状など種類は豊富なため、パッキン交換をする際は元のパッキンを持って行くと迷わずに購入できます。パッキンは外部に水が漏れないようにするためなので、接合部がパッキンで挟まれば実はサイズなどはだいたいでよく、ゴム板から加工して作ることも可能です。

ただし中央の穴は小さすぎると水の通り道が狭くなってしまうので、大きめに穴を開ける必要があります。販売されている汎用パッキンは一般的な水道で使えますが、レバー式の混合栓は大型の特殊なパッキンを使っているため、ホームセンターなどで売られていないものもあります。

その場合はメーカーから取り寄せるか、ゴム板を加工して作ることになります。パッキン交換をしてナットもしっかりと締めたにも関わらず、水漏れが止まらないこともあります。そのようなケースは、パイプの微妙な歪みや、パッキンの厚みが薄いときに起こる問題ですが、ネジ山にシールテープを巻き付けてからナットを締めると、水の通る隙間がなくなり水漏れを完全に止めることができます。