蛇口の水漏れ 直し方の基本

蛇口の水漏れは、直し方の基本さえ知っていれば自分でも修理することができます。
蛇口からの水漏れの原因はほぼパッキンの劣化ですから、それを取り換えればよいのです。どこからの漏れか調べて、どの部分のパッキンを取り換えたらよいか見極めてください。そして修理に入る前には、かならず止水栓を閉めておきます。

まず、ハンドルを閉めても水の出口である吐水口から水が漏れている場合は、ケレップの痛みが原因です。ケレップはコマとも呼ばれる部品で、この部分を交換して水漏れを直します。ケレップにはゴムパッキンがついていますので、ゴムパッキンが特に傷んでいないという場合には、ケレップのみの交換でもかまいません。

次に、水栓ハンドルの下からの水漏れは、水栓ハンドルをゆるめて水栓ハンドル内パッキンを取り換えます。また、パイプの根元からの水漏れについては、その部分にあるナットの下にある自在パイプ取付パッキンを新しいものに取り換えます。

最後に、蛇口の取付部分からの水漏れはの場合、まず蛇口を取り外してからねじ込み部分にシールテープを巻きつけることで補修します。後でにまた取り付けますが、このとき無理にねじ込んで配管を傷つけることがないように注意しなくてはなりません。このとき調整パッキンを挟むとなお良いでしょう。

全ての作業を行った後は、止水栓を開いて再び水漏れがないかどうかを確認してください。パッキンやケレップ、工具などはホームセンターで手に入ります。
直し方を知っていると、業者に頼むよりはだいぶ出費が少なくてすみますので、基本を知っておくと役に立つでしょう。