水道管の水漏れ 作業内容と料金の相場

水道が水漏れしてしまった場合、修理するのにどれくらいの費用がかかるのか気になりますね。ここでは、一例として、屋外に設置してある水道メーターに接続している水道管の繋ぎ目からの水漏れが起こったケースでの修理、および料金について紹介したいと思います。

水道管の水漏れにより、メーターボックス内が常に水で埋まって溢れているような場合、土で濁っているのでメーターの針が見えなくなっています。この際、市の水道局に連絡すると、水道管からの水漏れの可能性があるので業者に依頼する様進められます。

業者は市のホームページに載っていますので、その中から近くの業者を選び、見積り依頼します。業者にもよりますが、時間は2時間程度、修理料金は水漏れのヶ所により異なりますので、状況を説明し、金額を確認しておきましょう。

作業自体は、水漏れの場所を特定する為にメーター付近を掘り起こし(約一時間程度かかります)、水漏れの原因が分かったところで、一旦止水をします。水漏れの原因箇所が分かったら、新しい水道管に交換し、掘り起こした土を元に戻します。ここまで約一時間程度の工事となります。

工事中は水を使用出来なくなりますので、事前にトイレや洗濯などを済ませるか一旦止めます。又、工事が済んだあとに水道管を交換した場合は、使い始めの際に濁った水が出て来る場合がありますので、暫く水を流して濁りを取りましょう。
このような工事では、最初から最後までの工事全体では二時間、修理料金は1万円前後が相場となります。