洗濯機の水漏れ 修理料金の目安は?

洗濯機には脱水をする場所が別になっている二槽式のものと、一箇所で洗いと濯ぎと脱水を行うことのできる全自動洗濯機があり、現代においては全自動洗濯機が主流になっています。

全自動なら、水道の調節も自動的に行われるため、洗濯物を中に入れて、スイッチを押すだけで脱水まで完了させることができます。そのため、かなり便利な家電製品として知られています。

しかし、水は水道の蛇口に専用のホースを装着するというやり方で、自動調整される仕組みになっていることから、水漏れなどのトラブルが発生してしまう例も少なくありません。

水漏れを放置しておくと、その量が膨大になり、水道代がかさむ結果になってしまいます。そのため、早めに修理を依頼することが望ましいとされています。

洗濯機の水漏れを修理するためにはもちろん料金がかかりますが、その相場は安い場合で数千円程度とされています。高い場合には1万円を超えてしまう例も見られます。このように高額な修理費用がかかるのは、技術者を自宅に派遣して、修理をすることになるため、出張料などもかかってしまうためです。

しかし、水漏れを放置しておくと、修理費用よりもさらに高額な水道料金がかかってしまいます。そのため、修理費用が多少かかっても、早めに水漏れの修理を終わらせておいた方が実際の費用は少なくて済む場合もあるでしょう。

また、修理業者が来るまでの間は、洗濯機のホースを水道から抜いておいて、蛇口を閉めて置くと、被害を少しでも抑えることに役立つでしょう。