立水栓の蛇口交換方法について

一戸建て住宅などでは屋外に立水栓が取り付けられている場合があります。屋外で水を使う際には非常に役立つものとして利用されていて、自動車などを洗う際にも活用されることの多いものです。

立水栓は地中に埋設された水道管から垂直に水道管を接合している状態にあり、その先端には蛇口が取り付けられているタイプです。一般的には単水栓が使用されており、水のみが利用できるスタイルです。

この立水栓の蛇口は経年劣化によって水漏れを引き起こしてしまったり、古くなってしまい、蛇口のハンドル部分を回す際に不具合を感じてしまうこともあります。

また、見た目上のリフォームとして交換希望される方も多く、現在では立水栓用に数々の蛇口が販売されています。基本となるシンプルなタイプの数々も提供されていますが、お洒落なデザインに仕上がったタイプも多く、デザインを優先して選ぶこともできます。

立水栓の蛇口交換に関しては、最も基本的な作業になり、比較的簡単に済ませることができます。止水栓を閉めてから作業を行うことが基本になり、蛇口を反時計回りに回すことによって簡単に蛇口を取り外すことができます。

新しいものに交換する際には、必ずシールテープを最低でも4巻程度は巻き付けることが基本になり、それにより水漏れを防ぎます。

交換後には止水栓を開けた後には、問題なく使用できるかどうか試しに水を出して、水漏れの発生の有無を確認しておきましょう。作業終了後、何も問題なければ、全ての作業を終わらせることができます。