自分でできる?洗面台の蛇口交換

洗面台の蛇口をシャワー式にしたい。節水用の蛇口にしたい。
そう思っても、業者に依頼すると幾らかかるのか不安ですし、高額では頼めませんよね。けれど今は、自分で交換が出来る蛇口が多数存在します。

これらは、ホームセンターなどで売られており、例えばシャワーヘッドでしたら蛇口吐水口部分のネジを外し、はめ込むだけで簡単に設置することが可能です。節水用のシャワーヘッドや、浄水してくれるシャワーヘッドなど、種類も豊富ですので、手軽に入手出来て、自分の希望に合ったものに交換することが出来ます。

けれど注意しなければいけないこともあります。
賃貸マンションなどの蛇口を交換する場合、水漏れや破損、何らかしらの不具合が出た際には、直接的に取り付けたシャワーヘッドや蛇口が関係していなくとも、持ち込み設備の取り付けが原因だと判断され、修理費用などがすべて自己負担になってしまう場合があるのです。

また洗面台の洗面ボウルは陶器で出来ているものが多く、蛇口の交換をしようと工具を使っていじっている時に、洗面ボウルに落としてしまうことがあります。陶器は非常にもろく、ヒビが入りやすかったり破損しやすいものですが、こういった場合には、これらも過失と見なされ、修理費用は自己負担になってしまいます。しかも洗面台自体は一台の丸ごと交換となる場合が多いので、数万円と掛かってしまうケースもあります。

自分で洗面台の蛇口交換を行う場合には、これらのリスクも承知した上で、説明書や賃貸契約書等をよく読んでから対応されることが大切です。