賃貸住宅での困った水道トラブル

水道は使い方によってはトラブルを防止することが可能ですが、賃貸住宅の場合には前の住人があまり良い使い方をしていなかったというケースも多くあります。そのような場合においては、水回りを綺麗にして使っていても、水道が詰まってしまうなどのトラブルに見舞われてしまうトラブルが発生しやすくなってしまいます。

また、水道の蛇口を閉めても、水漏れが発生してしまうというトラブルも比較的多く見られます。そのような場合、水漏れを放置しておくと、水道代が高くなってしまうため、できるだけ早い段階で修理を依頼することが必要になります。

また、排水溝が詰まってしまった場合においても、水を流すことができなくなってしまい不便を強いられる結果になるため、やはり修理が必要となるでしょう。

修理には費用がかかりますが、賃貸住宅の場合には、オーナーに修理費用を負担してもらうことが可能になります。そのため、修理業者に自ら連絡をするのではなく、オーナーに相談をするようにしましょう。そうすることで、賃貸住宅のオーナーが修理業者を手配してくれます。

修理中は自宅にいなければならないため、都合の日時をオーナーが尋ねられます。水回りのトラブルはできるだけ早く解決することが望ましいですから、できるだけ早い、仕事が休みでプライベートの予定もない日時を伝えておきましょう。

当日は、修理の業者の到着後、詰まっている排水溝や水漏れをしている水道の場所へ案内をします。その際に簡単に作業内容の確認をされておくと安心です。修理後は実際にどのような作業を行ってもらったのか説明を受け、何かあればすぐに対応してもらえる連絡先などを確認しておきましょう。