水回りのトラブル 蛇口の水漏れ

蛇口からの水漏れは、節水ができないことに加えて、ポタポタと耳障りな音が絶えずするため、その程度にかかわらず大変気になるという方が多いのではないでしょうか。

ですので、できるだけ早めく解決するための方法を探すと思いますが、水道の蛇口の水漏れに関しては、自分で修理交換するか、業者に依頼するかのどちらかを選ばなければなりません。

さらに部品を修理して使うか、新品のものに交換するかを決めることも必要です。それぞれのメリットを比較考慮して、最も節約できると同時に快適に使用できる方法を探したいと思うことでしょう。

実際に蛇口を交換するか、修理するかを決める際に、考慮しておきたい点の一つは蛇口の寿命です。それぞれの製品によって違いはありますが、レバータイプの蛇口の場合、十年ほどが平均的な寿命であると考えられています。

仮に水漏れする蛇口が十年ほど経過しているならば、思い切って新品に交換するのもよいでしょう。また十年ほど経っていると、すでに同じ形番号の部品がなくなっているというケースもあります。

部品探しに一苦労ということもあるため、新品への交換を選ぶ方も多いようです。仮に新品の製品に交換すると決めたなら、節水型の製品に変えてみるのもよいでしょう。水は毎日使用するものです。節水型の蛇口で、水漏れを解決すると同時に水の節約もできます。

また自分で工事を行なうことにも、業者に依頼することにもそれぞれ異なるメリットがあります。両者をよく比較して選ぶようにしましょう。

蛇口の水漏れに気付いたら

住宅にはいくつかの場所に蛇口が設置されています。キッチンや洗面台、浴室などが主な場所になりますが、蛇口は使い始めて年数が経過してしまうと水漏れを起こしてしまう可能性が高まります。

もしも蛇口に水漏れが起きてしまったならば、その状態を把握することが必要です。1滴ずつ水が落ちてくるような状態であれば、少しの期間を設けることができますが、水が噴き出しているような状態であれば、直ぐに止水栓を閉めることが必要です。

止水栓は水周りの場所に合わせて住宅内に数ヵ所に分かれて設置されていることも多く、該当する止水栓を見つけなければなりません。しかし、止水栓は他の蛇口と共用して使われていることも多いので、閉めてしまうことで使えなくなる蛇口が出てしまう可能性もあります。

この状態では生活を円滑に送ることが困難になる場合が多く、水漏れの酷い状態であれば、直ぐに水周りのトラブルを専門にしている業者に依頼をすることが必要です。業者では多くのケースで即日対応を行っており、中には夜間であっても対応している業者まで存在しています。

浴室などの場合ではそのまま排水口へと水が流れることになりますが、場所によっては放置してしまうことで、床面に水溜りができてしまうような場面も見られます。そのため、水漏れが起きてしまったならば、できるだけ早期に専門業者に修理の依頼を行う方法で問題を解決することができます。

蛇口の種類によっては交換することが推奨されることもありますので、種類や方法についてよく分からないという場合には、水道屋さんに相談されてみるのも良いでしょう。

▼安心の価格と24時間対応の便利さでおすすめの出張水道修理サービス
水道修理・トイレつまり・水漏れならお任せの水道屋 | 水道の出張修理サービス24